ユニコーン

fantasy creature

英名   unicorn

和名   一角獣

生息地  ヨーロッパ

 

額に螺旋状の一本角と青い目とライオンの尻尾と二つに割れた蹄を持つ白い馬。美しい見た目に反してとても獰猛で誰にも従わない性格であるため手懐けることは難しいが、清らかな乙女には心を許しおとなしくなる。この性質からキリスト教において貞潔の象徴とされ、婚約の記念に作られるタペストリーやキリスト教会絵画、王家の紋章の図柄によく採用された。また、ユニコーンの角は解毒作用があるといわれており、暗殺が横行した中世で高価取引された(実際にはセイウチやイッカクの角が使われた)ことの名残からヨーロッパ地方の薬局の看板に頻繁に登場している。

 

参考書籍

幻想世界幻獣事典

ビジュアル版幻獣・モンスター