九尾の狐

fantasy creature

英名   kyuubinokitune

和名   九尾の狐 妲己 華陽夫人 玉藻の前

生息地  日本

 

金色の毛並み、9つの尻尾を持つ姿が特徴的な狐の妖怪。元々は中国で生まれたおめでたい獣(瑞獣)だが、時代が経るにつれ美女に化けて権力者に近づいて国を滅ぼす妖怪と解釈されるようになった。殷の紂王の妃の妲己、マガダ国の王である班足の妃の華陽夫人など、名を変え姿を変え次々と国を滅ぼした九尾は日本で玉藻の前という美女に化けて鳥羽上皇の妃になり、ここでも多くの悪事を働いた。しかし陰陽師の安倍泰成の活躍により討ち取られ、その怨念は殺生石という近づくだけで生き物を殺す危険なものとなり、全国に飛散したという。玉藻の前のモデルは鳥羽上皇の寵愛を受けた藤原得子と言われている。

 

参考書籍

幻想世界幻獣事典

ビジュアル版幻獣・モンスター