グリフォン

fantasy creature

英名   griffin

和名   鷲獅子

生息地  コーカサス山脈

 

上半身は鷲、下半身はライオンの姿をした伝説の生物。ギリシャ語のgrupus(曲がったくちばし)という言葉が名前の由来となっている。コーカサス山脈で巨人族から黄金を守っている、ギリシャの神々の車を引く役割を持っている、バビロニア神話では悪魔ティアマトの臣下である、聖書ではエデンの園の番人をしているなどの多彩な伝承を持つ。中世では爪や羽、卵などに体を治す効果があるとされ、しばしば取引されたという。また、鷲とライオンという強い獣の体を持つイメージから強さの象徴とされ様々な紋章に登場し、現在でもその名残が残っている。

 

参考書籍

幻想世界幻獣事典

クリエイターのためのファンタジー大事典